学科長ご挨拶


電子情報工学科のページへようこそ

                電子情報工学科 学科長 菅沼 明

電子情報工学科のWebページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本学科は、高度情報化社会を支える技術者を育成するため、 1989年4月に有明高専5番目の学科として設置されました。 設置されてから数年後、インターネットが爆発的に普及し、 さらにここ数年の携帯電話の普及など 情報通信技術の発達はめざましいものがあります。 そして今、本学科の卒業生も500名余となり、 電子機器産業、情報通信産業、ソフトウェア業界などの いろいろな分野で活躍しています。

 ICTという言葉をよく耳にしますが、 これはInformation and Communications Technologyの略で、 情報通信技術を意味します。 この情報通信技術は電子工学、情報工学などの分野に関わる基盤技術によって 成り立っています。 現在では、知らず知らずのうちにICTの恩恵にあづかっています。 たとえば、携帯電話、スマートフォン、GPS、ネット通販、FeliCaカードなどは 身近なところにあります。 また、2011年7月に移行された地上デジタルテレビ放送も 画像や音声を圧縮して伝送し家庭のテレビで復元して表示するなど、 さまざまなICTが使われています。 このように、現在ではICTはなくてはならないものになっています。 そして、この技術はこれからもますます発展していくことでしょう。

 当学科では、電子工学と情報工学の分野をバランスよく基礎から身に付けた技術者、 さらにインターネットなど、いろいろなコンピュータ応用技術を 活用できる技術者の育成を目指しています。 このページが、これから電子情報技術者になろうと思っている中学生のみなさんや、 この分野の技術者を求めておられる企業の方々に少しでもお役に立てば幸いです。